無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
明日、絵師 冬奇さんを囲むトークライブ開催します〜。
絵師冬奇展

 明日、絵師 冬奇(えし ふゆき)さんを囲んで
 日本文化や絵の楽しみを語り合うトークライブを開催します。

提灯とTシャツ<br />
筆を持つ絵師<br />
冬奇さん手描<br />
きTシャツと挿絵原画

 久米繊維プレスルームで開催されている 10 pieces exibition

 ドイツ語で出版されたエドガー・アラン・ポーの作品の挿絵の仕事をされ、
 それをベースに10枚のTシャツに手描きで表現していらっしゃいます。
 また、それらを手すき和紙や西陣織どうぞや提灯にも展開。

 トークライブでは、
 冬奇さんがそこに込めた想いや意味を語ってくださいます。

 それから、トークライブの最中に
 何かを描いてくださるようです。



 ■開催日時:7月13日(金)時間:18:30〜20:30


 ■参 加 費:無 料


 ■参加資格:ひとつでもあてはまったらお気軽に!

       絵が好きな人、日本画にも興味が出てきた人
       アートに惹かれる人、アーティストに会いたい人
       Tシャツが好きな人、特別な逸品がみたい人
       日本の伝統美に興味がある人、世界へ発信したい人
       若くて元気な日本人に会いたい人


 ■場  所:久米繊維1Fプレスルーム

       JR総武線/メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩5分
       東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188






 ▼絵師 冬奇さんのサイトはこちら。ぜひ見てみてくださいね!
 http://fuyuki.secret.jp/




盛本 純子 @ 龍の提灯に圧倒されっぱなしです…。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日、絵師 冬奇さんを囲むトークライブ開催します〜。
絵師冬奇展

 明日、絵師 冬奇(えし ふゆき)さんを囲んで
 日本文化や絵の楽しみを語り合うトークライブを開催します。

提灯とTシャツ<br />
筆を持つ絵師<br />
冬奇さん手描<br />
きTシャツと挿絵原画

 久米繊維プレスルームで開催されている 10 pieces exibition

 ドイツ語で出版されたエドガー・アラン・ポーの作品の挿絵の仕事をされ、
 それをベースに10枚のTシャツに手描きで表現していらっしゃいます。
 また、それらを手すき和紙や西陣織どうぞや提灯にも展開。

 トークライブでは、
 冬奇さんがそこに込めた想いや意味を語ってくださいます。

 それから、トークライブの最中に
 何かを描いてくださるようです。



 ■開催日時:7月13日(金)時間:18:30〜20:30


 ■参 加 費:無 料


 ■参加資格:ひとつでもあてはまったらお気軽に!

       絵が好きな人、日本画にも興味が出てきた人
       アートに惹かれる人、アーティストに会いたい人
       Tシャツが好きな人、特別な逸品がみたい人
       日本の伝統美に興味がある人、世界へ発信したい人
       若くて元気な日本人に会いたい人


 ■場  所:久米繊維1Fプレスルーム

       JR総武線/メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩5分
       東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188






 ▼絵師 冬奇さんのサイトはこちら。ぜひ見てみてくださいね!
 http://fuyuki.secret.jp/




盛本 純子 @ 龍の提灯に圧倒されっぱなしです…。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日、絵師 冬奇さんを囲むトークライブ開催します〜。
絵師冬奇展

 明日、絵師 冬奇(えし ふゆき)さんを囲んで
 日本文化や絵の楽しみを語り合うトークライブを開催します。

提灯とTシャツ<br />
筆を持つ絵師<br />
冬奇さん手描<br />
きTシャツと挿絵原画

 久米繊維プレスルームで開催されている 10 pieces exibition

 ドイツ語で出版されたエドガー・アラン・ポーの作品の挿絵の仕事をされ、
 それをベースに10枚のTシャツに手描きで表現していらっしゃいます。
 また、それらを手すき和紙や西陣織どうぞや提灯にも展開。

 トークライブでは、
 冬奇さんがそこに込めた想いや意味を語ってくださいます。

 それから、トークライブの最中に
 何かを描いてくださるようです。



 ■開催日時:7月13日(金)時間:18:30〜20:30


 ■参 加 費:無 料


 ■参加資格:ひとつでもあてはまったらお気軽に!

       絵が好きな人、日本画にも興味が出てきた人
       アートに惹かれる人、アーティストに会いたい人
       Tシャツが好きな人、特別な逸品がみたい人
       日本の伝統美に興味がある人、世界へ発信したい人
       若くて元気な日本人に会いたい人


 ■場  所:久米繊維1Fプレスルーム

       JR総武線/メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩5分
       東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188






 ▼絵師 冬奇さんのサイトはこちら。ぜひ見てみてくださいね!
 http://fuyuki.secret.jp/




盛本 純子 @ 龍の提灯に圧倒されっぱなしです…。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日、絵師 冬奇さんを囲むトークライブ開催します〜。
絵師冬奇展  明日、絵師 冬奇(えし ふゆき)さんを囲んで  日本文化や絵の楽しみを語り合うトークライブを開催します。 提灯とTシャツ
筆を持つ絵師
冬奇さん手描
きTシャツと挿絵原画  久米繊維プレスルームで開催されている 10 pieces exibition。  ドイツ語で出版されたエドガー・アラン・ポーの作品の挿絵の仕事をされ、  それをベースに10枚のTシャツに手描きで表現していらっしゃいます。  また、それらを手すき和紙や西陣織どうぞや提灯にも展開。  トークライブでは、  冬奇さんがそこに込めた想いや意味を語ってくださいます。  それから、トークライブの最中に  何かを描いてくださるようです。
 ■開催日時:7月13日(金)時間:18:30〜20:30  ■参 加 費:無 料  ■参加資格:ひとつでもあてはまったらお気軽に!        絵が好きな人、日本画にも興味が出てきた人        アートに惹かれる人、アーティストに会いたい人        Tシャツが好きな人、特別な逸品がみたい人        日本の伝統美に興味がある人、世界へ発信したい人        若くて元気な日本人に会いたい人  ■場  所:久米繊維1Fプレスルーム        JR総武線/メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩5分        東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188
 ▼絵師 冬奇さんのサイトはこちら。ぜひ見てみてくださいね!  http://fuyuki.secret.jp/ 盛本 純子 @ 龍の提灯に圧倒されっぱなしです…。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10 pieces exhibition/絵師 冬奇 開催



絵師 冬奇(えし・ふゆき)の10枚のTシャツによる展示会、
「10 pieces exhibition」を開催いたします。

住み慣れた地の魅力、京都文化の奥深さを自らの作品を通じて
伝えるべく絵を描き続ける若き絵師、冬奇さん。

すべてリンクする10枚の手描きTシャツと10枚の絵により、
冬奇さんの世界観が表現される斬新な展示会になります。

また今回は特別に,異なる分野で活躍する職人と京都ならではの
コラボレーションによって生まれた提灯、織物なども同時展示されます。

ぜひ、この機会に合わせてご覧ください。

場所 久米繊維工業株式会社 本社1Fプレスルーム >地図はこちら
   東京都墨田区太平3-9-6

日時 6/11(月)〜7/14(土)の午前10:00〜午後5:00
   ※上記期間中の日祝日は休館となりますのでご注意ください。





絵師 冬奇(ふゆき)さんのプロフィール

京都芸術短期大学日本画科卒業後、
1996年に手描き友禅染の工房に入り、和装文化や伝統技術を学ぶ。
2003年以降、手描きのTシャツを製作、展示するなど、
伝統技術と日本画を融合させたスタイルで製作に入る。
2005年には、(株)ワコ−ル主催のイベント
「ワコルネアワード」で「津村賞」を受賞。
最近はドイツの書籍にも作品が掲載されるなど、海外でも評価を得ている。

冬奇さんの公式サイト





「10 pieces exhibition」コンセプト

「10 pieces exhibition」とは、10枚のTシャツが放つ存在感と、
アーティスト自身のセレクトによるBGM等によって、
同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく実験的な展示会です。

この小さな展示会がアーティストの交流の一助になり、
将来的にTシャツ・アートの発信地となることを期待しています。

※展示会場でのTシャツ販売は行っておりません。

10 pieces exhibition archives
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10 pieces exhibition / btf 開催



  
  
富士フイルムイメージング株式会社運営の
“クリエイターが、自分の作品を販売できるサイト”
「DESIGN GARDEN」(デザインガーデン)
4月25日にオープンいたしました。
  
このたびサイトオープンを記念して、
btf(バタフライ・ストローク株式會社)がマネジメントする
6名の人気クリエイターが手がけるキャラクターTシャツ
(久米繊維謹製"楽"Tシャツ使用)の
「10 pieces exhibition」特別展示会を開催いたします。
  

コペットシリーズ
 by 久保誠二郎
(イラストレーター/クリエイティブデザイナー)
 

カミロボ
 by 安居智博
(造型師/クリエイティブデザイナー)
 

ハットトリックス
 by あべたみお
(クリエイティブデザイナー/イラストレーター/アートディレクター/グラフィックデザイナー)
 

niji-zou (にじぞう)
 by 林修三
(アートディレクター/グラフィックデザイナー/イラストレーター)
 

ようこちゃん
 by 高桑佳奈
(アートディレクター/グラフィックデザイナー)
 

「グラフマン」
 by 寄藤文平
(R25の表紙や大人たばこ養成講座でお馴染み。)
  

ぜひこの機会に、テレビ・雑誌・ポスターなどで活躍する
人気キャラクターのTシャツを、ご覧ください。
  
 

場所 久米繊維工業株式会社 本社1Fプレスルーム
   >アクセス地図
   東京都墨田区太平3-9-6

日時 5/16(水)〜6/8(金)の午前10:00〜午後5:00
   ※上記期間中の日祝日は休館となりますのでご注意ください。
 





「10 pieces exhibition」コンセプト
  

「10 pieces exhibition」とは、10枚のTシャツが放つ存在感と、
アーティスト自身のセレクトによるBGM等によって、
同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく実験的な展示会です。
  

この小さな展示会がアーティストの交流の一助になり、
将来的にTシャツ・アートの発信地となることを期待しています。
  

※展示会場でのTシャツ販売は行っておりません。
  

10 pieces exhibition archives

  
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
麿紋 / 10 pieces exhibition 開催



Copyright(C) yukimori. All Rights Reserved.



麿紋(まろもん)の10枚のTシャツによる展示会、
「10 pieces exhibition」を開催いたします。

紋。

その洗練された美しさ、力強さ、豊かさは、
日本の文化に深く根付き、いつの時代にもインパクトを
与えながら、永い時を受け継がれてきました。

麿紋デザイナーの YUKIMORI さんは、新しい“日本のかたち”として、
波、富士、桜、松、兎、鯉・・・などをモチーフにつくりあげた
現代の創作紋を、Tシャツにのせ発表されています。

また、今回の展示会では特別に、
阿波本藍 夾纐(きょうけち)染めを施したTシャツが、
参考出品されます。

夾纐染めとは、板に図案を彫り、
その板2枚で布を挟み締め付けて染め上げるという
とても手の込んだ手法です。

紋の輪郭線が柔らかく表現され、
そして人の手のぬくもりが感じられる夾纐染めTシャツを、
あわせてこの機会に、お楽しみください。



場所 久米繊維工業株式会社 本社1Fプレスルーム
   >アクセス地図
   東京都墨田区太平3-9-6

日時 3/12(月)〜4/6(金)の平日 午前10:00〜午後5:00
   ※上記期間中の日祝日は休館となりますのでご注意ください。
   ※3/17(土),3/24(土),3/31(土)の午後1時〜3時の間、
    麿紋デザイナーの YUKIMORI さんが来場される予定です。

 



YUKIMORI さん プロフィール

女子美術大学絵画科 洋画専攻卒。

1997年、日本の伝統文化に根ざした現代の創作紋による
Tシャツブランド“麿紋”を立ち上げる。

日本の持つ豊かな伝統、技術に新たな形を与え、
現代のライフスタイルにフィットしたジャパニーズスタイルを提案する。

 ▼麿紋 公式サイト
 http://www.maromon.jp/





「10 pieces exhibition」コンセプト

「10 pieces exhibition」とは、10枚のTシャツが放つ存在感と、
アーティスト自身のセレクトによるBGM等によって、
同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく実験的な展示会です。

この小さな展示会がアーティストの交流の一助になり、
将来的にTシャツ・アートの発信地となることを期待しています。

※展示会場でのTシャツ販売は行っておりません。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もののふ / 10 pieces exhibition 開催





“もののふ”の10枚のTシャツによる展示会
「10 pieces exhibition」を開催いたします。

日本の武の美。

いわば戦場での自己主張そのものであり、
戦国武将の美意識や信仰を表現する装いであった
「変わり兜」に魅せられ・・・

「戦国武将と変わり兜」の世界を、
現代の自己主張アイテムといえるTシャツで表現すべく、
挑戦を続ける“もののふ”主宰 田中秀樹さんが、
個性的なクリエイターとの共同創作により、世に送り出す10枚。

百花繚乱の多様な表現と、独自の世界観を、
この機会に、ぜひお楽しみください。



場所 久米繊維工業株式会社 本社1Fプレスルーム  
   >アクセス地図
   東京都墨田区太平3-9-6

日時 2/16(金)〜3/9(金)の平日 午前10:00〜午後5:00
    ※上記期間中の土日祝日は休館となりますのでご注意ください。
    ※ ただし3/3(土)のみ、田中秀樹さん主催のレセプション
    (午後1時〜3時)開催のため、臨時オープンいたします。

 



“もののふ”主宰 田中秀樹さん プロフィール

1971年生まれ。

幼少の頃より歴史に興味をもつ。

会社員時代に、安土桃山時代の総合芸術である
「変わり兜・甲冑」に出会い、その時代背景と共に、
多種多様な造形の美しさに衝撃を受ける。

2004年12月、戦国武将の精神性、変わり兜の美しさを、
独自の現代的解釈で世に広めるべく、“もののふ”を設立し、
mixiを媒体に生まれた初のブランドとして活動を開始。

2006年6月、会社員との二足の草鞋を脱ぎ捨て独立。

【日本の武の美を世界へ発信】
【戦国による地域の活性化】
【クリエイターとの共同創作】を発展させるべく
戦国に関わる者の『天下「布」武プロジェクト』を始動。

現在、伝説の時代劇画家・平田弘史氏とのTシャツコラボ、
華麗なる絵巻作家・正子公也氏初の戦国グッズ共同創作、
津軽塗りや印伝などの伝統工芸とのコラボレーション等を、
進めている。

 ▼“もののふ”公式サイト
 http://www.mononofu.net/
 





「10 pieces exhibition」コンセプト

「10 pieces exhibition」とは、10枚のTシャツが放つ存在感と、
アーティスト自身のセレクトによるBGM等によって、
同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく実験的な展示会です。

この小さな展示会がアーティストの交流の一助になり、
将来的にTシャツ・アートの発信地となることを期待しています。

※展示会場でのTシャツ販売は行っておりません。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
しずく / 10 pieces exhibition 開催





Heartful Artist しずくさんの10枚のTシャツによる展示会
「10 pieces exhibition」を開催いたします。

心癒されるような優しいイラストを描かれる
しずくさんが、今回Tシャツに合わせた新たな試みとして
一本の線によるアートワークにチャレンジされています。

「一本の線でできること」

慎重かつ大胆に・・・
そして一気に走るペンのスリリングな展開を、
この機会に、ぜひお楽しみください。

※今回出展するTシャツは、インクジェット機により
ダイレクトプリントをしています。


場所 久米繊維工業株式会社 本社1Fプレスルーム
   >アクセス地図
   東京都墨田区太平3-9-6

日時 1/16(火)〜2/9(金)の平日 午前10:00〜午後5:00
   ※上記期間中の土日祝日は休館となります。





しずく(宮崎裕子) プロフィール

長野県生まれ。
画家、イラストレーター。
OLからコピーライターを経て、
1994年より独学でエッチングを学ぶ。
個展を中心に活動をはじめる。
主に雑誌、企業のPR誌などのイラストを手掛ける。

タイコエレクトロニクス 社内報表紙
マガジンハウス anan特別編集号 イラスト
カンタベリーコーヒー ギフトカードデザイン 他

2006年10月 小野寺法子の創作童話
      「おつきさまとおひさま」の絵を担当

主な個展・グループ展

1995年 グループ展 まあるい迷宮 Gallery華音留
1998年 個展 Caramel-t T- Art Galaxy
2001年 個展 Amerie Gallery House maya
2004年 個展 fluers  Gallery House  maya
2006年 個展 れもん  文房堂





「10 pieces exhibition」コンセプト

「10 pieces exhibition」とは、10枚のTシャツが放つ存在感と、
アーティスト自身のセレクトによるBGM等によって、
同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく
実験的な展示会です。

この小さな展示会がアーティストの交流の一助になり、
将来的にTシャツ・アートの発信地となることを
期待しています。

※展示会場でのTシャツ販売は行っておりません。
| | 10 pieces exhibition | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |