無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
雑誌『はなあふ』に「オーガニックコットンのすすめ」掲載
  



ローカス発行の雑誌
はなあふvol2』128ページ目の特集「はなあふStyle!」


  「100%でなく5%でもいい
   オーガニックコットンのすすめ」



にて、
日本オーガニックコットン協会の理事を務めている
弊社専務 久米博康 が、
オーガニックコットンについてインタビューいただきました。


オーガニックコットン生産→消費の現状や、

オーガニックコットン普及に積極的なデザイナー
キャサリン・ハムネットさんとのかつての対談から
感じ学んだことなどを語っています。



インタビューの最後には、

  「理想的な100%オーガニック製品でなければ」と気負わず、
   まずは少しづつオーガニックコットン生活を初めてみませんか?

というご提案をさせていただいています。



 ▼はなあふvol.2(ローカスサイト内)
 https://products.locus.co.jp/index.php3?dtl=pb1042

 ▼日本オーガニックコットン協会
 http://www.joca.gr.jp/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京新聞「職〜解剖図鑑」に「国産こだわるTシャツ元祖」掲載




東京新聞 1月7日付 朝刊26面
「職〜解剖図鑑」のコーナーに


  「国産こだわるTシャツ元祖」


というタイトルで記事を掲載いただきました。



まだ日本に「Tシャツ」という言葉が無かった頃に
先代社長 久米信市 が「色丸首」という名前で
アウターTシャツを売り出したエピソードや、

その後VANやJUNをはじめとする
有数のブランドの生産を担当したこと、

一方で自社企画のTシャツを数多く発表してきたことなど
を掲載いただきました。



 ▼東京新聞
 http://www.tokyo-np.co.jp/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東都よみうり「下町のアート」特集に、弊社と新日本フィル掲載



読売新聞の姉妹紙「東都よみうり」10月12日発行号
「下町のアート」特集に


   Tシャツを作り続けて半世紀ー久米繊維工業
   "文化品質" "環境品質"の時代にも対応


との見出しで
弊社の取り組みを取り上げていただきました。




また同特集には、


   指揮者がTシャツをデザインすれば


との見出しで
弊社が製作をお手伝いしている

新日本フィルハーモニー交響楽団
「みちよし先生の夏休み」コンサートTシャツシリーズや

同楽団の音楽監督クリスティアン・アルミンク氏が参加されている
オーガニックコットン協会アーティストTシャツプロジェクト
についても掲載いただきました。




 ▼東京村.com - 東都よみうり新聞社
 http://www.t-yomiuri.co.jp/

 ▼新日本フィルハーモニー交響楽団
 http://www.njp.or.jp/njp/index.html

 ▼オーガニックコットン協会
 http://www.joca.gr.jp/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日産スカイライン50周年記念誌にケンメリTシャツ製作話掲載



今年でデビュー50周年を迎える車「日産スカイライン」。

アニバーサリーイヤーを記念して
「PASSION of SKYLINE」という小冊子が作られました。

これまで半世紀にわたってのスカイラインの歴史が、
貴重な写真や開発者の証言の数々と共に語られています。





この小冊子の1ページに、
弊社先代社長 久米信市 が製作をお手伝いした
「ケンとメリーのTシャツ(通称:ケンメリTシャツ)」
の製作エピソードを掲載いただきました。



▼PASSION of SKYLINE p.7より引用?

「日本中を夢中にさせた32万枚のTシャツ」






 (前略)

 Tシャツの製作を引き受けた久米繊維工業の久米 信市は、
 試作の連続にさすがに困惑した。

 「何回、突き返されても成功させるぞ」

 自身も日産車を乗り継ぐ日産ファンだった久米は、
 この仕事だけは他に譲れないと決意し、
 シャツ職人としての技術の全てを注いだ。

 厚手のスムース生地に紺を何度も染めぬいて
 当たる光の加減によって黒に見えたり、
 濃紺に見えたりするこだわりの染色をした。

 左胸に入る「KEN&MARY」の文字は、
 起毛加工のフロッキープリントを
 1枚1枚、手仕事で施した。

 (後略)





 ▼スカイライン50年の軌跡
  http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/

 ▼スカイライン公式サイト
  http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日経産業新聞「エコの担い手たち」特集に掲載いただきました。



日経産業新聞9月14日号12面環境欄
「エコの担い手たち」に


   「有機和綿でTシャツ製作」

というタイトルで
弊社専務 久米博康を掲載いただきました。



有機和綿Tシャツへの取り組みだけではなく、
ISO14001取得やグリーン電力証書システムの導入、
水性インクを使用してのプリント等、
アパレルメーカーならではの
これまでの経緯や葛藤などを掲載いただいています。




▼日経産業新聞
 http://ss.nikkei.co.jp/ss/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オーマイニュースに「復活・和綿で究極のエコTシャツ」掲載



"市民みんなが記者だ"オーマイニュースにて


   復活・和綿で究極のエコTシャツ


というタイトルで記事を掲載いただきました。



Web上でニュースにしていただき
「和綿」に関して広く知っていただくきっかけとなりました。




本日、17時より久米繊維工業本社プレスルームにて、
関係者似よるトークセッションを開催いたします。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。




 ▼復活・和綿で究極のエコTシャツ(オーマイニュースサイト内)
 http://www.ohmynews.co.jp/news/20070830/14584
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本農業新聞に和綿栽培担当の町田武士さん掲載




日本農業新聞8月25日土曜版折込誌「&you(アンド ユー)」表紙に


   「幻を形に 夢広がる」


というタイトルで「和綿」の記事を掲載いただきました。


主に和綿栽培を担当くださった
NPO渡良瀬エコビレッジ代表の
町田武士さんにフォーカスした記事です。




久米繊維工業本社1階プレスルームにて開催されている
「和綿Tシャツ展」の最終日8月31日(金)17:00より

町田武士さんをはじめとする関係各位による
トークセッションが行われます。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。




 ▼日本農業新聞
 http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朝日新聞に「和綿Tシャツ40粒の種から5年かけ製作」掲載



朝日新聞8月25日朝刊都民版に


   「和綿Tシャツ40粒の種から5年かけ製作」
    〜墨田で展示〜



というタイトルで掲載いただきました。


実際の和綿Tシャツの生地の風合い、質感等もご紹介いただいています。




 ▼朝日新聞
 http://www.asahi.com/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
読売新聞に「和綿復活エコTに」掲載いただきました。





読売新聞8月24日朝刊32面都民版に


 「和綿復活エコTに」
  〜坂本龍一さんサイン ネット競売出品に〜



というタイトルで記事を掲載いただきました。



地域のかたがたに
和綿の存在を知っていただくきっかけとなりました。

たいへん感謝しております。



本日より、弊社プレスルームにて
「和綿Tシャツ展」を開催し始めました。

どうぞお気軽に起こしくださいませ。




 ▼読売新聞
 http://www.yomiuri.co.jp/
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雑誌『Safari』9月号にオーガニックコットンTシャツ掲載



日之出出版発行の雑誌
Safari (サファリ) 2007年 09月号』154ページ目の特集



  「近藤真彦のDIYスクール vol.2
   〜世界に一つだけのオリジナルTシャツを作る!〜



に、久米繊維謹製オーガニックコットンTシャツ
提供させていただきました。




デザイナー残間健太郎さんの指導のもと、
「普段着るTシャツは素材にこだわる」とおっしゃる
近藤真彦さんが、


  「夏のビーチにぴったりなオリジナルTシャツ作りに挑戦する」


というテーマで、
ランボルギーニ・ディアブロという車の型を
オリジナルのステンシルでつくるとことからはじまり
オーガニックコットンTシャツにペイントされていらっしゃいます。



 ▼safari(日の出出版サイト内)
 http://hinode.co.jp/magazines/safari/

 ▼スパンギャルド(残間健太郎さんサイト)
 http://www.zanco.jp/about/index.html
| | 商品/サービス系パブリシティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |